首が動かない

今日は、急性の頸部痛の患者さんが来院。寝違いではないのですが、かなり辛い状況でした。

通常、首の左右の動きは胸鎖乳突筋や肩甲挙筋によるもので、動きが悪い時は、一番の原因

になることが多いです。

まず、脊椎起立筋や肩甲骨の動きをつけ、肩甲骨の上角に付着部がある肩甲挙筋を緩めました。

急性による炎症があったので8割ほど動きが改善し、あとは炎症が収まれば徐々に良くなって

くると思います。

よく少しでも痛みが残ると、その痛みを追いかける方がいますが、炎症症状はその場ですぐに

ゼロになることはありません。あまり治療で触り過ぎるとかえって悪化することもあります。

あくまでも、治療前と治療後を比べて動きがどのように変化したかが重要です。

動きがついてくれば、その方の治癒力でドンドン良くなります。そのことをきちんと説明して

納得していただき終了しました。

何も説明しないと誤解を与えることもありますので、小さな疑問点でも聞いていただき、答えて

いきたいと思います。

当院へのアクセス情報

住所神奈川県横浜市金沢区金沢区泥亀1-18-14 高野ビル201
予約予約優先とさせていただいております。
電話045-783-3789