ぎっくり腰

新年早々2名のぎっくり腰の方が来られましたが、今日も一人30歳代男性の方が

昨年の暮れにぎっくり腰になり、1週間程仕事を休んで、整形外科に5回ほど通ったが

全然良くならず、安静にしていたら、少し良くなってきたので仕事を再開。

しかし、何となくやばいと思い、痛みも残る状況で職場の方のご紹介で来院されました。

マッサージや民間療法の経験はなく、すべてが初めての体験だったので、少しビックリ

されている様子でした。整形外科ではレントゲン、電気治療、痛み止めでこのままでは

良くならないのではいう不安があったようです。

最初にまず治療方針を説明し、検査を行い現状の把握をしてもらいました。

主な原因である腸腰筋と仙腸関節の部分を正常な状態していくために、足部と肩甲骨の

動きをつけ、徐々に患部を触らずに治療を進めました。

一つ一つ動きを確認しながら、また段々と動きやすくなっていくのを感じられたので、

少し安心されたようです。

ぎっくり腰になるということは、何も腰に症状がなければ、滅多におこることはないと

思います。普段から腰痛がある方が何らかのキッカケで起こることが多いです。

また、ぎっくり腰はしばらく安静にしていたら楽になりもう大丈夫だと思い込む方が多い

ようです。しかし普段からの腰痛に目をつぶっていると、また同じような経験をする方も

多いです。

今回の場合は1週間も仕事を休んだのがショックで、また同じようなことを繰り返したくない

という思いが強かったと思います。なかなかショックなことがないと治療まで至らないのが

現状です。腰痛をほったらかしにして、何もいいことはありません。むしろ悪化しヘルニア、

脊柱管狭窄症へと移行することもあります。

自身のバランスがどうなっているのか、不安の方は是非一度分かるところで診てもらって下さい。

今日の患者さんは終わったあと椅子に座った時、キチンと座れてる言われました。

来院される時と帰る時の変化を感じていただき、次回の予約を取って帰られました。

今後はぎっくり腰になりにくい身体を目指したいと思います。

 

当院へのアクセス情報

住所神奈川県横浜市金沢区金沢区泥亀1-18-14 高野ビル201
予約予約優先とさせていただいております。
電話045-783-3789